あい練馬眼科

お電話でのお問合せ
Tel.03-3991-1101

あい練馬眼科

MENU

神経眼科

Medical

神経眼科

神経眼科領域の病気の症状

それぞれの病気により1つ、またはいくつかの症状が組み合わさって現れます。主な症状としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 視力低下
  • 視野異常(視野の一部が欠けて見えない)
  • 複視(ものがズレて二つに見える)
  • 瞳孔異常(左右で瞳の大きさが違う)
  • 眼瞼下垂(まぶたが下がる)
  • 眼球突出(眼が出ている) 等

「見る」ということは目の最も重要な機能だということに間違いはないのですが、「見る」ためには眼球の周りの付属器官も大切な役割を担っています。

眼球を保護する

  • まぶた(眼瞼)と器(眼窩)
  • 眼球を動かす筋肉(外眼筋)と脳神経
  • 眼球からの情報を伝達する視神経とその情報を処理する脳(視覚野)

これらすべてが「見る」ということに関わっており、神経眼科で取り扱う主な領域となります。

神経眼科領域には多くの神経内科疾患や、内分泌疾患が関連しているため、全身疾患を診療する上でも非常に大切な分野となります。

神経内科疾患として

  • 神経内科疾患として
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • 重症筋無力症
  • 多発性硬化症

内分泌疾患として

  • 甲状腺機能亢進症
  • 糖尿病

などが関連しています。

 

診療案内Medical

取り扱いコンタクトレンズ