あい練馬眼科

お電話でのお問合せ
Tel.03-3991-1101

あい練馬眼科

MENU

小児眼科

Medical

小児眼科

小児眼科とは、まだ目の仕組みが完全に発達していない状態の小児が対象の眼科診療です。
生まれたばかりの赤ちゃんはまだ、明るさがわかる程度といわれています。その後、いろいろなものを見ることで視力は発達し、大体5歳くらいで1.0に達するとされています。お子様の目の障害は外見では分かりにくいため、見過ごされやすく、なかなか気付くのが難しいのが現状です。個人差はありますが、3歳くらいになればある程度検査ができるようになります。
視力が発達するためには、ものを見る事が最も重要です。もし視力の発達の途中で、ものをくっきりみることが出来ない状態が続くと、弱視の状態となってしまいます。

お子様のしぐさや動作や目の外観から下記の症状が見られたら、なんらかの目の疾患を抱えているかもしれません。どうぞお気軽にご相談ください。

  • たまに目線がずれることがある
  • いつも頭を傾けてものを見ている
  • テレビを前の方で見るようになってきた
  • 片方の目(よく見える方の目)を隠すと嫌がる
  • 目を細めることが多くなったような気がする
  • 絵本を見たり、読んだりすることが飽きっぽくなった気がする
  • 昼間に屋外へでると眩しそうに目を細め、片方の目を強くつぶる
  • まっすぐに走ることが苦手で、自然にどちらかに曲がってしまうことがある

小児の眼鏡はお子さんの視力に重大な影響があります。度数を決定するだけでなく、フレーム選びも大事な要素です。デザインだけで選ぶのではなく、お子さんの顔の大きさ形、耳の形、鼻の高さ形に合わせて選ぶ必要があります。せっかく正しい度数の眼鏡を作っても眼鏡がずれていると、正しい位置で物を見る事ができずに狙った効果が出せません。さらに大事なのは、出来上がった眼鏡を実際に装用して、フレームを曲げたりする微調節をすることです。もう一つ大事なのは、使用後1か月毎位に、視力検査を含めてフレームのゆがみがないかなど検診をうけることです。大人のフレームはあまり変形しませんが、お子さんの日常生活ではフレームの歪みは必発です。
成長過程にあるお子さんは正しい眼鏡を装用することをおすすめめします。

診療案内Medical

取り扱いコンタクトレンズ